カメラ持って行こう

カメラを持って、西三河はじめアチコチに出掛けてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

半田 矢勝川の彼岸花

半田 赤レンガ建物>矢勝川の彼岸花>半田運河…と続いています。

赤レンガ建物の後、矢勝川の彼岸花を見に行きました。
車を停めるため新美南吉記念館に向かうと、臨時駐車場が作られていました。
駐車待ちの覚悟もしていたけど、すんなり停めることができてよかった。

矢勝川には彼岸花を見に来たたくさんの人!
そしてそれよりはるかにたくさんの彼岸花が咲いていました。

彼岸花というと、今まで道端に数本まとまって咲いているのを見るぐらいだったので、
このように面になって咲いているのを見たのは初めて。
東西2kmにわたって植えられているそうです。
矢勝川1
この続きは「[半田 矢勝川の彼岸花]の続きを読む」をクリックしてくださいネ。
   

あまりマジマジと見たことがありませんでしたが、彼岸花って変わった形ですよね。
矢勝川2
白い彼岸花もありました。初めて見た!
矢勝川3
白い彼岸花を使って、キツネに見えるように花が植えられていました。
新美南吉『ごん狐』の“ごん”かな?
矢勝川4
彼岸花は開花している時は葉が出ません。
赤い花の下にはまっすぐに伸びた茎が並んでいました。
並んだ茎の間から、背の低い花がこんにちは~。
矢勝川5
なんと黄色い彼岸花もありました。鮮やかな色ですね~。
「鍾馗水仙(ショウキズイセン)」と言うんだそうです。
矢勝川6
彼岸花に囲まれて矢勝川をしばらく散歩した後、新美南吉記念館に行きました。
記念館らしき建物が見当たらないので、「どこ?」と探してしまいましたヨ。。
公園の芝生に溶け込んでいるような、半地下の建物でした。
なんだか素敵ですね。
矢勝川7
新美南吉については、半田市出身の児童文学作家で『ごん狐』や『手袋を買いに』を
書いた人…というぐらいの知識しかありませんでした。
学校の先生もしていたんですね~。
生徒詩集を発行したり、転校した生徒とも手紙のやりとりをしたりしていたそうです。
いい先生で慕われていたんでしょうね。

矢勝川の彼岸花は、地元の方たちが「南吉が歩いた堤防を彼岸花で真っ赤にしよう」と
植え始めたそうです。
『ごん狐』のなかに「ひがん花が、赤い布のようにさきつづけていました。」という文章が
あるとか。本当に赤い布のような、見事な彼岸花でした。
早く咲いた花は萎れてしまったようですが、まだまだ10月初めまでは見頃みたいですよ。
矢勝川8



にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
  1. 2008/09/30(火) 18:58:27|
  2. 半田市
  3. | コメント:0
<<半田 半田運河 | ホーム | 半田 赤レンガ建物>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ざとうくじら

Author:ざとうくじら
西三河在住のゆるゆる生活者


ランキングに参加中o(^-^)o
クリックお願いします!
  にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ 年月の選択はここをクリック
 

地域で検索

内容で検索

キーワードで検索

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。