カメラ持って行こう

カメラを持って、西三河はじめアチコチに出掛けてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東海道(岡崎宿~御油宿)+豊川稲荷 自転車

自宅からBoardwalkで、東海道を東向きに進み、豊川稲荷まで行ってきました。
出掛けた先で宿場町を見学することはあったけれど、東海道に沿って進むのは初めて。
どんな感じなのか楽しみです
東海道~豊川稲荷1
この続きは「[東海道(岡崎宿~御油宿)+豊川稲荷 自転車]の続きを読む」をクリックしてくださいネ。
   

「東海道を行く」と偉そうに(?)言いましたが、正確な道をキチンと調べてはいないし
東海道制覇を目標にしているわけでもないので、「ほぼ東海道を行く」…という程度の
ユルい感じで行ってみます。
岡崎宿近辺は地元なので関心も薄く、国道1号線の北にある道をスイスイと走り、
大平の辺りから1号線へ。
写真は乙川にかかる大平橋。いつもは車で一瞬で通り過ぎる場所です。
東海道~豊川稲荷2東海道~豊川稲荷3
藤川が近づいてくると松並木が現れました。お~、東海道って感じがする!
東海道~豊川稲荷4
藤川小学校の前に「西棒鼻」と呼ばれるものがありました。
「これより東は藤川宿」ということを表しています。
東海道~豊川稲荷5
藤川宿には脇本陣跡(写真左:現在は資料館)や駐車場(写真右)などがありました。
駐車場にはトイレもあったので、徒歩や自転車の人にとってもありがたいですね
東海道~豊川稲荷6東海道~豊川稲荷7
藤川宿の東棒鼻。
門のような石垣が造ってありました。当時の様子を再現したそうです。
東海道~豊川稲荷8
次に本宿に向かいます。
途中、冨田病院の坂を登って行くと、代官屋敷が残されていました。
時間の流れを感じますが、大きくて立派な建物です。
東海道~豊川稲荷9
近藤勇の首塚がある法蔵寺の前を通過~
東海道~豊川稲荷10
本宿の東端です。
東海道~豊川稲荷11
さらに進んで赤坂宿。「よらまいかん」という休憩所がありました。
建物内はヒンヤリとして気持ちいい。貴重なトイレポイントでもあります。助かるわ~
東海道~豊川稲荷12
赤坂宿には今でも宿泊できる「大橋屋」という旅籠屋さんがあります。(写真左)
1716年に建てられたとか…一度泊まってみたいですね。
高札場(写真右)もありました。
東海道~豊川稲荷13東海道~豊川稲荷14
時々、このような雰囲気のあるお店が残っています。
東海道~豊川稲荷15
御油の松並木です。ここを自転車で走ってみたいと思っていたので、すごく嬉しい
大きな松が左右に建ち並ぶ中を走るのは気持ちよかったです。車の通行がやや多かったけど。
東海道~豊川稲荷16
御油宿を通過してからは、東海道を外れて豊川稲荷に向かいます。
佐奈川を通過~
東海道~豊川稲荷17
豊川稲荷に到着です。
何回も来ている場所ですが、自転車で来たのは初めて。車でも近くはない距離です。
“こんなところまで自転車で走って来たんだ~”と思うと感動~っ
東海道~豊川稲荷18
いつもの大きな赤ちょうちんの下でお参り。
お土産屋さんで稲荷巻きという砂糖をお煎餅で巻いたお菓子を買って、
名鉄豊川稲荷駅から電車に乗って帰りました。輪行もだいぶ慣れてきたかな~。
東海道~豊川稲荷19東海道~豊川稲荷20
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
  1. 2009/10/04(日) 11:37:24|
  2. 岡崎市
  3. | コメント:0
<<鈴鹿バルーンフェスティバル2009 その1 | ホーム | 新美南吉養家 国盛酒の文化館 ミツカン酢の里>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ざとうくじら

Author:ざとうくじら
西三河在住のゆるゆる生活者


ランキングに参加中o(^-^)o
クリックお願いします!
  にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

+ 年月の選択はここをクリック
 

地域で検索

内容で検索

キーワードで検索

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。