カメラ持って行こう

カメラを持って、西三河はじめアチコチに出掛けてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

関宿

いつきのみや歴史体験館鳥羽展望台相差横山園地安乗埼灯台の続きです。

安乗埼灯台で強風に吹かれた後、グーッと北上して関宿(亀山市)に行きました。
関は古代から交通の要衝で、江戸時代には東海道五十三次の宿場町として賑わったそうです。
江戸時代から明治時代に建てられた町家が200軒近く残っていて、当時の町並を楽しめます。
なんだかタイムスリップしたような気分で面白かったですヨ

写真は350年以上作り続けられているという銘菓 関の戸のお店。
このお菓子は時々お土産でいただいたりしますが、ここのお菓子だったんですね~。
関宿1
この続きは「[関宿]の続きを読む」をクリックしてくださいネ。
   


関宿には観光駐車場がありますが、場所はちょっとわかりづらいかも。。
国道1号線沿いにある道の駅 関宿に、地図付きのリーフレットが置いてあるので、
先に寄るといいかもしれません。

写真は眺関亭から見た、関宿の町並み。約1.8kmにおよぶそうです。
このように宿場町の町並みが残っているのは珍しいとか。
関宿2
町を歩くと歴史を感じさせる建物が多く並んでいます。
関宿3
タバコ屋さんがありました。
関宿4
幕府や領主が決めた法令などを掲示した高札場です。今は郵便局になっています。
関宿5
関宿を代表する大旅籠「玉屋」です。歌川広重の「東海道五十三次」にも描かれているんだとか。
歴史資料館として、内部を見学することができます。
関宿6
お膳やお銚子がたくさんありました。
大きな旅籠なので、宿泊客も多かったんでしょうね~。
関宿7
土間を通って奥に進んでいくと、土蔵があり展示室として公開されています。
関宿8
中庭を通して奥の離れを見たところ。奥行きがある~。
実際に部屋に入ってアレコレ見ることができるので、当時の客の気分を想像してみたりして
楽しかったです。
関宿9
階段を上って2階も見学できます。
こんな感じで眠ったり…
関宿10
こんな感じでご飯を食べたりしたんですねぇ…。
関宿11
関まちなみ資料館というところにも行ってみました。
関宿12
ここは伝統的な町家建築で、当時使われていた道具や歴史資料などが展示されています。
関宿13
ここも自由にアチコチ見学できるようになっていて、面白いところでした。
当時の人の気分で庭を眺めてみたり…?
関宿14
箱階段を上って2階にも行けます。
関宿15
引き出しがいーっぱいの薬箱もありました。
関宿16
関宿の町家の屋根には、時々こんなもの達が乗っています。(写真はほんの一部です)
家運長久などを願って作ったらしいのですが、それぞれに工夫を凝らしていて面白い!
関宿17関宿18関宿19
雰囲気を壊さないように、銀行もこんな感じ。
関宿20
散々歩き回った後、「あいづや」さんで街道そばを食べました。山菜おこわも有名なんだとか。
右側の建物は、2階だけ洋風な窓がついていてちょっと不思議な感じ…。
関宿はこの町並みを大事に守っていこうという雰囲気が感じられて、とてもいい所でした。
老朽化も進んでいくので大変だと思いますが、これからも大切に残していって欲しいな。
関宿21


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
  1. 2009/02/05(木) 17:39:15|
  2. 三重県
  3. | コメント:0
<<チャイブ その後 | ホーム | 安乗埼灯台>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ざとうくじら

Author:ざとうくじら
西三河在住のゆるゆる生活者


ランキングに参加中o(^-^)o
クリックお願いします!
  にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

+ 年月の選択はここをクリック
 

地域で検索

内容で検索

キーワードで検索

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。